6学期講義/数学演習

新着情報

10/2開講

科目区分

物工:限定選択
計数数理:限定選択B
計数システム:限定選択C

教員

江澤 雅彦(永長研助教)

場所

工213号講義室

参考書

  • 特殊関数(ジョージ アルフケン、ハンス ウェーバー(著)、講談社)
    • (注)原書:George B. Arfken, Hans J. Weber: Mathematical Methods for Physicists, Academic Press

成績評価

演習の発表(1回3点)、レポート(各回3点満点)

過去問


シケプリ


シラバス

講義・数学3で扱う内容に関する演習を行うとともに、 数理物理学で必要となる各種特殊関数とその性質についても扱う。

条件付き確率
独立事象
ベイズの定理
中心極限定理
母関数
チェビシェフの不等式
大数の法則
ポアソンの定理
ランダムウォークの原点への復帰
マルチンゲール
逆正弦法則
ブラウン運動
伊藤の公式
応用トピックからの例題

関連サイト


注意

(第6回目の授業にて配布されたプリントより抜粋)
以下のことが守られていないと減点にします。
  • 慣例には従いましょう。(例:極座標表示はx=rsinθcosφ, y=rsinθsinφ, x=rcosθ)
  • レポートが2枚以上になる場合は、左上をホッチキスで留めてください。
  • 「Aを求めよ。」という問題には、「A=○○…(答)」等ときちんと書いてください。また、答は文中だけではなく、最後にもまとめて書いてください。
  • ∑でも∫でも必要であれば範囲を書きましょう。

講義まとめ

前半6回が特殊関数論演習、後半が確率論演習(+おまけで群論、微分形式など物理数学に絡んだ数学諸分野の演習)となるようです。

  • 最終更新:2009-12-31 18:54:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード