6学期講義/量子力学第三

新着情報

11/12、12/17休講

科目区分

物工:限定選択

教員

押山 淳 @215号室
TA: 吉村 仁秀 @210号室

場所

工64号講義室

教科書

テキスト配布

参考書

Landau and Lifshitz : Quantum Mechanics - non-relativistic theory : Butterworth-Heinemann
西島和彦 : 『相対論的量子力学』(培風館、新物理学シリーズ)
Landau and Lifshitz : The Classical Theory of Fields : Butterworth-Heinemann
高田康民 : 『多体問題』(朝倉書店)
犬井鉄郎、田辺行人、小野寺嘉孝 : 『応用群論』(裳華房)

成績評価

レポートおよび試験による。

過去問


シケプリ


シラバス

I. 散乱理論
I-1.一次元の散乱理論
(I-1-i)転送行列の方法
(I-1-ii)グリーン関数と散乱の積分方程式
I-2.三次元の散乱理論
(I-2-i)散乱振幅と微分断面積
(I-2-ii)リップマン・シュウインガーの方程式
(I-2-iii)ボルン近似
(I-2-iv)部分波展開

II. 相対論的量子力学
II-1.特殊相対論(古典論)
(II-1-i)ローレンツ変換
(II-1-ii)自由粒子に対する作用
(II-1-iii)電磁場中の粒子
II-2.ディラック方程式
(II-2-i)ディラック方程式とは
(II-2-ii)非相対論的極限とスピン

III. 多粒子系の量子力学
III-1.第二量子化と相互作用
(III-1-i)一つの自由粒子の第一量子化
(III-1-ii)多粒子系の第一量子化
(III-1-iii)多粒子波動関数の対称性と第二量子化
(III-1-iv)第二量子化における演算子と相互作用
III-2.スピンのないフェルミ粒子系の一粒子状態と平均場近似
(III-2-i)フェルミ粒子系の一粒子状態とユニタリ変換
(III-2-ii)一粒子状態のエネルギー
(III-2-iii)平均場の方程式(ハートリー・フォック方程式)
III-3.電子系の一粒子状態と平均場近似
(III-3-i)多電子系のハミルトニアン
(III-3-ii)スピン軌道関数
(III-3-iii)交換エネルギーとハートリー・フォック方程式

IV. 多電子原子の電子構造
IV-1.原子の1電子準位と周期律表
(IV-1-i)水素類似原子の電子構造
(IV-1-ii)多電子原子のハミルトニアンと遮蔽効果
IV-2.電子配置と多重項
(IV-2-i)多重項と摂動論
(IV-2-ii)角運動量とスピン軌道関数
(IV-2-iii)多重項の幾つかと対角和の方法
(IV-2-iv)フント則
(IV-2-v)スピン軌道相互作用

V. 光と物質の相互作用
V-1.電磁場の古典論
(V-1-i) Maxwell方程式
(V-1-ii)ベクトルポテンシャルとスカラーポテンシャル
(V-1-iii)古典場の方程式
V-2.電磁場のクーロンゲージによる量子化
(V-2-i) ハミルトニアンと角運動量
(V-2-ii)フェルミの黄金律
(V-2-iii)光遷移の行列要素と双極子遷移
(V-2-iv)光の放出と吸収

関連サイト

http//*****
http//*****

講義まとめ


  • 最終更新:2009-10-06 13:07:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード