7学期講義/統計力学第三

新着情報


科目区分

物工:限定選択

教員

永長 直人

場所

工64号講義室

教科書・参考書


成績評価

期末試験による。量子統計力学を、実際の物理学の問題に適用できるだけの習熟度が得られたかどうかを評価の基準とする。

過去問


シケプリ


シラバス

物質の性質を理解する上で最も基礎となる量子統計力学の講義を行う。古典―量子対応や、量子モンテカルロ法、繰りこみ群など進んだトピックスについても詳述する。

1.量子統計力学の基礎
(i) 密度行列
(ii) 線形応答理論
(iii) 第二量子化

2. 量子理想気体と相互作用
(i)フェルミ縮退とフェルミ流体論
(ii) ボーズ凝縮と超流動

3.量子―古典対応
(i)転送行列と1次元イジング模型
(ii)2次元イジング模型と量子スピン
(iii)2次元イジング模型とMajoranaフェルミオン

4.経路積分と量子モンテカルロ法
(i) 経路積分量子化
(ii)量子モンテカルロ法の原理と実際

5.相転移と臨界現象
(i)平均場理論
(ii)スケーリングと繰りこみ群
(iii)量子相転移

関連サイト


講義まとめ

シラバスを見る限りでは,前年度(伊藤教官)とはかなり内容が変わる模様.

  • 最終更新:2010-03-25 01:09:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード